あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
税理士試験の試験日程top
Top国家資格公的資格民間資格

知らなきゃマズイ!税理士試験対策の常識と落とし穴

 科目合格制の導入
税理士試験は、一度合格したら生涯有効となる科目合格制度を採用しているため、1度の試験で5科目すべてに合格する必要はありません。

そのため、難関資格とはいえ、受けやすい試験制度であるとして、勉強時間を確保しづらい多忙な社会人からの人気も高く、毎年、多くの社会人受験者が数年計画で資格取得を目指しています。

※ かつては、1回の試験で全5科目合格する受験者もそれなりにいましたが、近年は試験の難易度からいっても、1回の試験で全5科目クリアしてしまうような受験者は稀です。
選択科目の選び方
税理士試験の試験科目は、会計(2科目)と税法(9科目)の全11科目からなりますが、これらの科目すべてに合格する必要はありません。

つまり、必須科目を含めた計5科目に合格さえすればよい!ということです。
〈必須科目〉
・簿記論
・財務諸表論
+
〈必須選択科目〉
・法人税法
・所得税法
+
〈選択科目〉
・相続税法
・消費税法 or 酒税法
・固定資産税
・事業税 or 住民税
・国税徴収法
※ 必須選択科目で「法人税法」と「所得税法」の2科目選択した受験者は、選択科目において1科目選択すればよいことになります。


ただし、選択科目は慎重に検討する必要があります。

近年は企業内税理士も増えているようですが、独占業務を有する税理士は、独立してこその資格であるともいえるため、資格取得後の活用方法を見据えた選択科目を選ぶことが非常に重要になってきます。

また、税理士資格取得後は、受験の際に選択した科目に関連する税務をメインとした業務に携わるケースも多く、いずれはその分野の専門家になっていくといった方も多いことから、選択科目は慎重に検討するようにしてください。
学習時間短縮型 実務重視型
組合せ例 簿記論・財務諸表論

所得税法 or 法人税法

酒税法 or 国税徴収法or 住民税 or 事業税
簿記論・財務諸表論

所得税法

法人税法

相続税法 or 消費税法
特徴 酒税法、国税徴収法、住民税、事業税の4科目は、比較的学習時間が短時間で済むと言われています。したがって、必須選択科目(所得税法・法人税法)を1科目選び、残りの2科目は、これら4科目の内2科目選ぶのがベストと考えられます。ただし、酒税法や国税徴収法などは、実用性が低く、あまり実務に直結した科目とは言えないため、独立・即戦力を目的として資格取得を目指しているのであれば、あまりお勧めできません。 所得税法、法人税法は、双方共に非常に実務に直結した科目であるため、資格取得後に独立を考えているような方や、学習時間に余裕がある人は、苦労してでもこの2科目を選択する受験者は少なくありません。それほど重要な科目と言えます。また、相続税法も他の選択科目(酒税法など)に比べると、2倍近い学習時間を要すとされていますが、相続税に特化する税理士もいるように、実務においては非常に役立つスキルであり、将来性がある分野であるとして選択する者も少なくありません。



コレだけは押さえる!税理士の試験日程

税理士試験は、毎年、8月上旬に行われています。

※補足:平成27年度は、これまで通例であった8月の第1週から第3週に変更されたため、今後の試験日程が気になるところでしたが、翌年以降は再び第1周へと戻っています。

試験科目が11科目にものぼる税理士試験においては、3日間の試験日程が組まれているので、受験者は必ず公式HPや受験案内等で試験日程を確認し、試験日を間違た!といった取り返しのつかないミスがないよう、くれぐれも気をつけてください。

※ 試験日程は、毎年、ほぼ同じような形(試験科目の順番や時間帯)で組まれていますが、必ず最新情報をチェックするようにしてください。
〈1日目〉
時間帯 試験科目 試験時間
9:00~11:00 簿記論 2時間
休憩:1時間30分
12:30~14:30 財務諸表論 2時間
休憩:1時間
15:30~17:30 消費税法or酒税法 2時間
〈2日目〉
時間帯 試験科目 試験時間
9:00~11:00 法人税法 2時間
休憩:1時間
12:00~14:00 相続税法 2時間
休憩:1時間
15:00~17:00 所得税法 2時間
〈3日目〉
時間帯 試験科目 試験時間
9:00~11:00 固定資産税 2時間
休憩:1時間
12:00~14:00 国税徴収法 2時間
休憩:1時間
15:00~17:00 住民税or事業税 2時間


税理士試験:豆知識

税理士試験の手数料
税理士試験を受験するには手数料が掛かります。

具体的には、受験願書の所定箇所に受験手数料相当の収入印紙を貼り付けることになりますが、その金額は受験科目が1科目増えるごとに1,000円加算されていきます。
1科目 3,500円 2科目 4,500円 3科目 5,500円 4科目 6,500円 5科目 7,500円
独学?それとも専門学校?税理士試験に有効な学習スタイルとは?
税理士試験は科目合格制を導入しているため、社会人も挑戦しやすい国家資格ですが、各科目ごとのレベルは非常に高く、生半可な試験対策では太刀打ちできません。

かつては、1回の試験で全科目制覇してしまう受験者もそれなりにいましたが、近年は1度の試験で全科目制覇する受験者は例外中の例外と思っていた方が良さそうです。

そのため、学生など、比較的、時間に余裕のある受験者は2~3年、仕事を抱える社会人は、毎年1科目ずつ合格を狙い、5年かけて資格を取得するというのが一般的なようです。

このように、学習期間が中長期に渡る税理士試験においては、専門講座を利用しながら、合格に必要な論点だけを徹底して学習するカリキュラムの下で試験突破を目指す受験者が大半を占めています。

大手スクール(資格の大原、TACなど)であれば、正直なところ、どの税理士講座であっても、さほど違いはないので、自分が利用しやすいと感じた受講形態や費用面での比較検討を中心に選択すれば、まず問題ありませんが、自分に合った勉強スタイルで学習することが何よりも肝心です。

講座を利用するしないにかかわらず、一度、各スクールのカリキュラムや使用教材等を、比較検討することをおススメします。





資格の大原 税理士講座