土地家屋調査士 【合格率/難易度】

〜 コレだけは押さえる!土地家屋調査士試験対策の常識・落とし穴 〜

> 資格試験!解体新書 top > 土地家屋調査士 合格率



土地家屋調査士 意外と知らない !? 合格率のカラクリ
独学 or 講座 !? 土地家屋調査士の試験対策勉強法



土地家屋調査士 意外と知らない !? 合格率のカラクリ




土地家屋調査士試験は、筆記試験と口述試験とに分かれますが、受験者にとって最大の山場となる前者の筆記試験は「午前の部」と「午後の部」に分かれます。

※ 筆記試験合格者にのみ行われる口述試験で、不合格となる受験者は稀です。

土地家屋調査士の過去試験データを見てみると、合格率は、例年1ケタ台という極めて低い水準での推移が続いていますが、超難関国家試験というほど難易度の高い試験ではありません。





年度
出願者
受験者
合格者
合格率
全体
平均年齢
平成12年
10,665
受験者
データは
未公表
604
578
26
34.06 歳
5.7 %
平成13年
9,719
618
590
28
34.21 歳
6.4 %
平成14年
9,641
610
580
30
33.78 歳
6.3 %
平成15年
9,354
591
557
34
33.64 歳
6.3 %
平成16年
8,875
566
526
40
34.66 歳
6.4 %
平成17年
8,307
527
497
30
35.54 歳
6.3 %
平成18年
7,932
6,523
520
490
30
35.06 歳
8.0 %
平成19年
7,540
6,250
503
482
21
36.12 歳
8.0 %
平成20年
7,270
6,074
488
463
25
36.43 歳
8.0 %
平成21年
7,234
6,026
486
463
23
36.35 歳
8.1 %
平成22年
6,739
5,643
471
445
26
36.32 歳
8.3 %
平成23年
6,310
5,056
390
372
18
39.26 歳
7.7 %



というのも、土地家屋調査士試験は受験資格もなく、試験対策の不十分な受験者層が比較的多いこと、また、平成17年度まで公表されている合格率は、受験者数の未公表により、出願者(実際に試験を受ける受験者数は、出願者数よりも1〜2割程度少ないと思われ、事実、受験者数を公表し始めた平成18年度以降、合格率は受験者を基に出されているため上昇傾向にあります)を基に算出されていることなどが主な理由として挙げられます。

ひとくちに合格率といっても、数字には表れない裏事情などが絡んでくるので、公表されている上辺だけの数字(データ)を見て必要以上に恐れることはありません。

確かに、土地家屋調査士の試験内容は、専門的な知識・技術が要求される高度な試験であり、難易度の高い試験であることは間違いありませんが、しっかりと試験対策を行えば、十分合格を狙える国家試験です。


独学 or 講座 !? 土地家屋調査士の試験対策勉強法




土地家屋調査士試験は、確かに難易度の高い国家試験です。





試験形式 / 得点配分
試験時間
午前の部
・多肢択一式
・記述式《作図》

10問
1問
[60点満点]
[40点満点]
120 分
午後の部
・多肢択一式
・記述式

20問
2問
[50点満点]
[50点満点]
150 分



これは、試験そのものが専門的な知識・技術を試される試験であり、また、比較的、実務重視型の試験制度であるからだと考えられます。

さらに、午前の部・午後の部ともに出題される多肢択一式問題の得点が一定の基準に達していない場合には、総得点にかかわらず不合格にされてしまうので、足切りラインに注意したバランスの良い勉強法と受験テクニックが求められます。

したがって、よほどのことがない限り、右記豆知識等を参考にしながら、資格スクールやユーキャン等の専門講座や答錬などを利用した学習スタイルで本試験に臨んだ方が無難な種類の資格試験と言えそうです。

なお、土地家屋調査士の筆記試験(口述試験は筆記試験合格者のみ対象)は、午後の部試験の免除制度があるので、比較的、取りやすい測量士補≠フ資格をまず取得してから、土地家屋調査士の国家試験に挑戦するルートも視野に入れておくとよいでしょう。

※ 午後の部試験免除対象資格 … 測量士 / 測量士補 / 一級建築士 / 二級建築士




ユーキャンの通信講座は、全般的にビギナー受験者を意識した教材作りに努めており、土地家屋調査士講座も例外ではない。

難しい法律用語や専門用語などの「用語」解説をはじめ、解説の理解を助ける「補足」説明、覚えやすい図解など、より理解を深めることができ、副教材なども充実している。

また、テキストの欄外もうまく活用しており、初学者を意識した工夫が随所にみられる点も評価できる。

土地家屋調査士試験では、作図や計算問題が出題されるが、受講者の手間を省くため、作図用具付きのコースも用意されているので、人によっては有難い。

独学では不安だが、通学講座までは考えていないという方は、ユーキャンのような通信講座の利用を検討してみる価値はあるだろう。
資格取得を目的とした大手専門スクールなだけに、法律学習初学者向けのコースをはじめ、午前の部免除者対象コースや、司法書士合格者・学習経験者向けコースなど、受講者の習熟度やライフスタイルに合わせたコースが非常に充実している。

各コース、無理なく本試験対応レベルの実力が身に付くよう、段階的なカリキュラムと教材が用意されているので、まずは、案内資料を取り寄せるなどして、ユーキャンの使用教材やカリキュラムなどと比較検討してみることをお勧めする。








■ 土地家屋調査士豆知識 ■

失敗しない!講座利用申込前のチェック事項とは…?


土地家屋調査士の資格は、業界内以外では知名度が低いせいか、簿記検定や宅建のように、市販教材が思ったほど充実していません。

また、本試験では、専門的な知識や技術が要求されることから、どちらかというと試験対策は、独学よりも、むしろ専門スクールを利用した学習スタイルが一般的なようです。

主な資格スクールとしては、東京法経学院やLECなどが挙げられますが、自分のライフスタイルに適した講座を選択し受講するためにも、まずは資料請求からはじめてみてはいかがでしょうか。

各専門学校が配布している案内資料は、通常、無料でインターネット上から簡単に申込めるものが大半なので、専門講座の利用を検討している者は、次に挙げるような事項を中心に比較検討してみましょう。



@ 受講料は…?

A カリキュラムや教材の
  内容は…?

B アフターフォローは…?

C 講師陣は…?

D 体験入学は…?

E 合格率は…?

F 自分に無理のない学習
  スタイルか…?









関連記事 ---≫ 土地家屋調査士 [年収] / 当サイトにおけるプライバシーポリシーについて / Yahoo ! Japan TOP