あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
社会保険労務士の年収・収入top
Top国家資格公的資格民間資格

意外と知らない!社会保険労務士の年収・収入の現状

社労士の平均年収
労務管理と社会保険の専門家である社会保険労務士の仕事は、下記表に示すとおり、大きく3つの柱に分けることができます。
社労士業務:3つの柱
1号業務 チェック労働社会保険諸法令に基づく申請書類等の作成
チェック申請書類等の提出に関する手続き代行/事務代理
チェック紛争解決手続き代理業務(特定社労士のみ)
健康保険、雇用保険、厚生年金、労災保険への加入・脱退・給付手続き/助成金/休業補償給付/傷病手当金などの請求
2号業務 チェック労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類等の作成 就業規則、各種労使協定の作成/労働者名簿・賃金台帳の作成
3号業務 チェック社会保険に関する事項についての相談・指導 人事や労務に関するコンサルタント業務
中でも、1号・2号業務は社会保険労務士のみに許された独占業務であり、顧客さえつかめれば、安定した年収・収入(400~800万円)が得られるようです。

※ 社労士登録者以外の者が、報酬を得る目的で業務を行ってはいけません。

しかし、大手をはじめとする企業の多くは、社内に独自の担当部署を設け書類処理をしてしまっていること、また、中小企業以下の顧客は、既に先輩社労士が請け負っていることなどから、新規参入の開業社会保険労務士にとっては、厳しい現実が待ち受けているといった意見も少なからず聞こえてきます。
社労士の平均年収
期間 平均年収 特徴
開業~1年 100~200万円 開業から数年間は、年収100万円台が続くといった事務所も多く、貯金を食いつぶしながら営業に勤しむ社会保険労務士も少なくない。開業2年で年収300万円以上あればよい方で、5年以内に500万円に達すれば成功者といえる !?
2年 300~500万円
3年
5年 600~800万円 年収600~800万円の収入を維持し続けられればよい方で、5年以上たっても年収300万円台の社会保険労務士も少なくはないという。また、社員や事務員を雇わず、かつ、社労士業の資格のみで年収1,000万円以上の収入をあげる社会保険労務士は極めて少ない。確かに年収1,000円以上の社労士も中にはいるが、年収を上げるなら税理士や司法書士といったダブルライセンスで仕事の幅を広げたり、独占業務(1号・2号)以外のコンサルティング業務で新規開拓する必要があるという意見も多い…
----- 1,000~1,500万円以上
※ 社会保険労務士に限りませんが、士業の年収は営業センス・開業場所等によってかなり開きがあるようです。そのため、あくまでひとつの目安であり、開業社労士が皆、上記表で示すような平均年収となるとは限りません。
社労士の平均年収(規模10人以上)
平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年
855万円 348万円 760万円 466万円 452万円 530万円 508万円
参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より。調査における統計上の母体数が少ないため、必ずしも正確な実態を反映しているわけではありません。





資格の大原 社会保険労務士講座

コレだけは押える!開業社労士と企業内社労士の常識

開業社労士の現状
行政書士と同じく社会保険労務士は、士業資格の中でも人気が高く、現在、3万人超(国家試験合格者の総数は約14万人)の社会保険労務士が存在し、内3分の2ほどが開業社会保険労務士として事務所を構えています。

※ 国家試験に合格しても、社労士連合会に登録しなければ業務を行うことは出来ません。

1~2年、しっかりと勉強しなければ合格は難しい難関試験ですが、開業社労士の平均年収は500万円程度と言われており、思い切って独立しても、平均的なサラリーマン収入(年収)とあまり変わらないようで、士業の中では決して実入りの良い職業とは言えないようです。

※ 実際問題、顧問税理士がサービスの一環として、社労士業務をやってしまっているケースはよくある話です。

したがって、開業社会保険労務士として高収入を得るには、3号業務や他士業資格をうまく組み合わせながら仕事の幅を広げていくことを考えていかなければなりません(ただし、この点については他の士業にも同じことが言えます)。
社労士の資格は開業以外にも使い道がある?
社会保険労務士の資格は、何も独立だけが道ではありません。

全体の約3分の1は、リスクの高い独立を避け、企業内社社労士(企業や社労士事務所、会計事務所に努めながら社労士として働く者)として勤務し、安定した収入(年収)を得ています。

つまり、社労士が有する実務直結型の知識は、独立に限らず、企業にとっても貴重なスキルとなるため、スキルアップにと、資格取得を目指す社会人受験社は意外と多いのです。

また、総務や人事、労務系の就職・転職を希望している者にとっては、社労士の資格が大きな武器となるケースも少なくないため、今後も、注目される国家資格であることには変わりありません。
結論
開業社会保険労務士の年収は400~800万円が相場であり、平均年収は500万円前後(年収300万円台も少なくない)。営業センスに自信のない者は独立のリスクを避け、企業内社労士として勤務するといった選択肢もとれる。

豆知識:社労士国家試験の合格者状況は?

社労士は登録に実務経験が必要であったり、取扱う業務内容からか、学生よりも社会人受験者が圧倒的に多く、受験者の年齢層も働き盛りの30代と高めです。
社労士試験の試験結果
社会保険労務士試験は、足切り制度があるため、不得意科目を無くし、試験科目すべて(8科目)をバランスよく学習し得点に結び付けなければならないことから、資格スクール等の専門講座を利用した学習スタイルが一般的なようです。

社険士は国家資格の中でも人気があることから、各資格スクールも力を入れており、分かりやすさ、利用しやすさを重視した専門講座が多数存在します。

大手スクールであれば、正直なところ、どの社労士講座であっても、さほど違いはないので、講座利用を考えている方は、まずは自分が利用しやすいと感じた受講形態や費用面での比較からはじめてみるとよいでしょう。





資格の大原 社会保険労務士講座