あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
司法書士の年収・収入top
Top国家資格公的資格民間資格

司法書士の年収・収入について

少し古いデータとなりますが、日本司法書士連合会発表の資料によると、司法書士事務所の平均年間報酬額(年収ではない)は平成8年時点で約1,692万円程であるとされています。
参考資料:全国会員一人当りの年間平均報酬額(日司連取扱事件年計報告集計表)
約1,356万円(平成5年)矢印約1,452万円(平成6年)矢印約1,663万円(平成7年)矢印約1,692万円(平成8年)
資格スクールのパンフレットや資格関連書籍は、どうやらこのデータを参考にしているようで、司法書士年収(収入)は概ね1,000~1,500万円程度が相場であると説明しているものを多数見かけますが、この年収は手取り額というよりも、経費を含めた〝年商〟であると捉えた方が良さそうです。

独立系士業は事務所維持費や人件費等の諸経費が掛かりますが、特に司法書士の場合、仕事が増えれば増えるほど、それに比例して必要経費が膨らむ傾向にあります。

そのため、年商1,000万円を超えるような収入があるとはいえ、その1/2は諸経費として消し飛んでしまうと理解しておいた方がよいかもしれません。

つまり、年商1,500万円を稼ぐ司法書士なら、その50%(事務所によってはそれ以上(60~70%)になることも…)を差し引いた750万円前後が実際の収入になるということです。
職業別:平均年収ランキング
職業 年収 人数
内閣総理大臣 4,165万円 1人
弁護士 2,101万円 20,000人
公認会計士 1,426万円 20,000人
税理士 1,266万円 70,000人
不動産鑑定士 1,020万円 6,696人
司法書士 890万円 20,000人
弁理士 827万円 6,040人
地方公務員 728万円 3,140,000人
国家公務員 628万円 1,110,000人
行政書士 606万円 40,000人
社会保険労務士 511万円 30,000人
サラリーマン 平均 439万円 44,530,000人
【参考出典:PRESIDENT12月号(2005.12.5)】


ちなみに、データとしてはこちらもまた若干古くなりますが、上記に示した職業別平均年収ランキングによると、司法書士の年収は890万円という結果を示しており、一般的な収入相場とされている1,000万円に届いていないことになります。
司法書士の平均年収
雇われ系司法書士 若手   … 200 ~ 400 万円
中堅以降 … 400 ~ 800 万円
独立系司法書士 若手   …    ~ 300 万円
中堅以降 … 300 ~ 800 万円
※ 収入は場所(都心or地方)によっても異なります。


司法書士は、登記(不動産/商業/法人…など)関連の業務が独占業務となっていますが、1件当たりの報酬額は1~3万円台を相場としているため、いかに効率よく数をこなすか(あるいは大口の顧客を掴むか)が収入に大きく影響してきそうです。

※ 平成10年7月以降、報酬規定は廃止され自由化されています。





コレだけは押える!司法書士の将来性

古参の司法書士は、登記(不動産/商業/法人)業務を中心に展開しているので、バブル期には稼げる資格として持て囃された時期もありましたが、それも過去の話です。

司法書士法の改正により、司法書士の業務形態も変革期を迎えつつあるため、新規参入の司法書士は、他分野での業務開拓が収入を大きく左右する鍵を握っているといってよいでしょう。
矢印戦略その1:司法書士法人の設立

矢印複数の司法書士が異なる専門業務を担当することで、幅広いサービスをウリにした顧客開拓を図る …など

矢印戦略その2:訴訟代理業務の特化

矢印登記業務ほど古参者に荒らされていないフィールドであるため、訴訟代理業務に特化した事務所を目指す …など
また、実務経験を学ぶことのできる環境は行政書士よりも多いので、試験合格後は司法書士事務所などに努め、独立せずに安定した収入(ただし、雇われ書士の収入はどちらかというと低い傾向にある…)を得ることも可能です。

なお、司法書士の資格を得るには、受験資格はないものの、難関試験といわれる司法書士試験に合格しなければならないため、独学よりも資格スクールなどのカリキュラムに従いながら、中長期的(平均2~3年)な試験対策プランと立てて本試験に臨む必要が、他資格(行政書士、社労士)以上にあると言われており、事実、そうだと思われます。

難関資格と言われながらも、司法書士の人気は比較的高く、各スクールも力を入れていることから、分かりやすさ、利用しやすさを重視した専門講座が多数開講されています。

大手スクールであれば、正直なところ、どの司法書士講座であっても、さほど違いはないと思われますが、司法書士試験に関しては、学習期間が長期(1年以上)に及ぶことも多いため、自分が最も利用しやすいと感じた受講形態を選ぶとともに、費用面での比較検討も必ず忘れずに行ってください。

参考までに、司法書士試験対策には定評のある大手スクール(資料請求自体は無料)を2つほど挙げておくので、利用するしないにかかわらず、学習を始める前に、一度、各講座でのカリキュラムや教材内容等を比較検討してみてはいかがでしょうか。
司法書士講座の特徴
個別指導と少人数ゼミを〝ウリ〟にしている司法書士試験対策専門のスクール。

司法書士試験の難易度を考慮すれば、学習期間は、比較的、長期に渡るため、講座費用も高額になりがちであることから、申込む前に必ず案内資料を取り寄せてもらいたい。

なお、当スクールの資料請求者には、模擬授業、模擬ゼミのDVDなどが添付されてくるので、使用教材・カリキュラムをはじめとする指導体制をじっくりと確認した上で、講座内容を検討
Wセミナーといえば、法律系の資格試験に強い予備校であり、特に人気講師を抱えるスクールとして知られているため、思いのほか受講者は多い。

ビギナーから上級者まで幅広いコースが用意されているのはもちろん、国家試験対策には実績もノウハウもある大手スクールなので、合格に必要な条件はすべて揃っている。

後は学習スタイルや使用教材、受講料などを他スクールと比較しながら、自分が無理なく取り組めるような講座をじっくりと比較検討してみてほしい。