あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
ケアマネージャーの合格率top
Top国家資格公的資格民間資格

ケアマネージャー試験:合格率の推移状況

第1回ケアマネージャー(介護支援専門員)試験以降の合格率は、下記表のとおりです。
受験者 合格者 合格率
平成10年 第1回 207,080 91,269 44.1% -----
平成11年 第2回 165,117 68,090 41.2% (-2.9)
平成12年 第3回 128,153 43,854 34.2% (-7.0)
平成13年 第4回 92,735 32,560 35.1% (+0.9)
平成14年 第5回 96,207 29,508 30.7% (-4.4)
平成15年 第6回 112,961 34,634 30.7% (±0.0)
平成16年 第7回 124,791 37,781 30.3% (-0.4)
平成17年 第8回 136,030 34,813 25.6% (-4.7)
平成18年 第9回 138,262 28,391 20.5% (-5.1)
平成19年 第10回 139,006 31,758 22.8% (+2.3)
平成20年 第11回 133,072 28,992 21.8% (-1.0)
平成21年 第12回 140,277 33,119 23.6% (+1.8)
平成22年 第13回 139,959 28,703 20.5% (-3.1)
平成23年 第14回 145,529 22,332 15.4% (-5.1)
平成24年 第15回 146,586 27,905 19.0% (+3.6)
平成25年 第16回 144,397 22,322 15.5% (-3.5)
平成26年 第17回 174,974 33,535 19.2% (+3.7)
平成27年 第18回 134,539 20,924 15.6% (-3.6)
平成28年 第19回 124,585 16,280 13.1% (-2.5)
ケアマネジャー:合格率の推移グラフ
第1回、第2回の試験合格率が、他年度に比べると高水準(40%台)で推移していますが、これは、当初、今後は介護保険制度のキーパーソンとして、ケアマネージャーに活躍してもらう必要がある(つまり、ケアマネージャーの数を確保する必要性があった)と考えた主催者側の目論みがあったのではないかと思われます。

その後、ケアマネージャー試験の合格率は、度々、上昇してはいるものの、全体的にみると、じわじわと下降しており、ここ数年は15~20%前後で推移しており、受験者側からすると、あまり喜べる状況ではありません。

今後、ケアマネージャー試験の合格率がどのように推移していくかは定かでありませんが、これまでの推移状況を踏まえると、今後も10%台で推移していくことが予想され、しっかりと試験対策を行い本番に臨む必要がありそうです。




合格率&出題傾向からみたケアマネージャー試験の難易度

ケアマネージャー試験合格率は回を重ねるごとに、ほぼ下降傾向にあり、試験スタート当初に比べると、確実に合格は難しくなっているようですが、これは、法的に必要なケアマネージャーの人数を確保するため、試験開始直後の試験で、合格者を多めに排出していた(結果、合格率が他年度に比べて高くなった)ことも影響していると思われます。

また、ここ数年の合格者データをみる限り、合格率がやや激しく変動している点も見逃せません。

これから日本が迎えるであろう超高齢化社会にある現在、今後、より医療・福祉系の資格が注目を集めるだろうことを考慮すると、受験者数の増加(事実、一度は減少したものの、じわじわと受験者数が増加傾向が見られた)によって、さらに合格するのが厳しくなるという予測も否定できまず、そういう意味では試験の難易度も、さらに上がっていくことが考えられます。
出題傾向からみたケアマネ試験の難易度
ケアマネージャー試験の出題形式はマークシート方式ですが、宅建試験や電工二種のように、単なる択一問題ではなく複択解答が求められている点に大きな特徴がみられます。

そのため、択一問題以上に幅広い知識と正確な知識がなければ正解に辿り着けない恐れもあり、この解答方式がケアマネージャー試験の難易度を上げている要因のひとつなのかもしれません。

また、ケアマネージャーの資格取得を目指す人向けの必読書ともいえるテキストであった『介護支援専門員 標準テキスト』が『介護支援専門員 基本テキスト』へと改訂されて以降、本試験で出題される問題は、より実践的・実用的な問題が増えており、近年は過去問中心の勉強よりも、理解力に重点をおいた勉強法に切り替えていく必要がありそうです。
専門講座を利用すべきか !?
ケアマネージャー試験対策を行う上で欠かせない教材が『介護支援専門員 基本テキスト(2015年6月に最新の改訂版が販売)』です。

本試験では、この基本テキストからの出題が中心になるようで、独学者の必読書にもなっていますが、とにかくボリューム(7訂は全3巻、法令・通知はCD-ROMに収録)があり、要点もまとまった構成になっておらず、どこから手を付けたらよいのか分からないといった受験生の嘆きの声も少なくありません。

また、ここ数年の試験レベル、合格率状況などを踏まえると、学習時間が限られているような受験者、あるいは、独学に不安を感じている方は、一度、専門講座の利用を検討してみるのもよいでしょう。

※ 専門講座では「いったいどのようなカリキュラムや教材に則って試験対策を行っているのか」をチェックすることは、独学者にとっても重要な意味をもってきます。

しかし、ケアマネ試験の難易度や学費等を考慮すると、通学講座よりも通信講座で十分対処できると考えられるので、利用するしないにかかわらず、まずは、「ニチイ」や「ユーキャン」のような通信講座から検討してみることをおススメします。

※ ユーキャンの通信講座は、受験者の解答免除に配慮して4コースから受講タイプを選択でき、かつ、教育訓練給付対象講座【下記:豆知識参考】にもなっています。

独学にせよ、専門講座を利用するにせよ、肝心なのは自分に合った勉強スタイルで試験に臨むということです。
ケアマネ講座の特徴
介護・医療系資格には定評のある講座で、30年の実績は伊達ではなく、合格ライン突破を最優先とした「知識定着→要点整理→実力確認」の3ステップ学習法は、独学では何から手を付けてよいのか分からなかった者も、用意された教材とカリキュラムに従うだけで、迷うことなく勉強に専念できるだろう。

また、意外にもユーキャン講座よりも学費が安価(ただし、通学講座は除く)であること、コンピュータによる成績分析シートと合格ゾーン判定で自分の弱点を客観的に把握できるシステムは、ニチイならではの利点といえるかもしれない。
女性が選んだ人気講座ランキングで常に上位にランクインしてくるユーキャン講座がケアマネ講座である。

メインテキストを中心に、合格に徹したサブ教材を使用しているので、初学者でも段階的にステップアップできるようなカリキュラムが組まれており、広範な試験範囲も迷うことなく勉強に専念できる。

ユーキャンのケアマネ講座は給付金対象講座【下記:豆知識参考】でもあるので、通信講座の利用を考えている人は、案内資料で、カリキュラムや使用教材をひとつひとつチェックしてみることをおススメする。

豆知識:教育訓練給付対象制度とは?

資格試験を熟知している専門講師が指導してくれる点は、非常に大きな利点であり受験者の強みとなりますが、費用面の折り合いがつかず、ケアマネ講座の利用を躊躇してしまう受験者も少なくないようです。

そこで、1度チェックしてみる価値のある制度が〝教育訓練給付制度〟です。

この制度は、厚生労働大臣が指定する講座を受け、修了した場合、支払った受講料の一部が雇用保険から支給される仕組みになっています。

つまり、簡単に言ってしまえば、本来の受講費用よりも安上がりで済む!という制度です。

ただし、この教育訓練給付制度は誰もが無条件で利用できるものではなく、また、一定の条件や支給金額にも上限が設けられているので、必ずよく確認してください。

※ また、同じ資格であっても、給付金制度の対象とならないスクール講座もあるので、トラブルにならないよう、該当者は必ずチェックをして下さい。
支給対象者 雇用保険の一般被保険者である期間が通算3年以上(初回利用者は1年以上)※一般保険者でなくなった後1年以内に教育訓練を始めた者も可
給付率 最大で受講料の20%
上限支給額 10万円(講座費用が4,000円を超えない場合も給付対象外!)
※平成29年1月末現在


ユーキャンのケアマネージャー講座は教育訓練給付制度の対象にもなっているので、そういう意味でも、専門講座の利用を検討している方にとっては、ユーキャン講座はおススメかもしれません。