あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
漢検3級の合格率top
Top国家資格公的資格民間資格

コレだけは押える!漢検3級の基礎知識と検定概要

一般的に漢検が社会的に評価される階級は2級以上のようですが、受検者数的には、この3級(平成28年度第1回:166,270名)が最も多い等級に当たります。

漢検3級の出題範囲は、小学校で習うすべての漢字に加え、その他の常用漢字が600字程加算された約1,600字が対象となりますが、その出題レベルは《中学校卒業程度》として位置づけられているようです。

※ 小学校で習う漢字については教育漢字一覧[NYAO's Pageより]が参考になります。

ところが、漢検とは、なにも漢字の読み書きができれば合格できる!といった単純な試験問題ではありません。

もちろん、漢字の読み書きが試験の中心にはなってきますが、四字熟語や類義語・対義語、あるいは部首や熟語の構成など、漢字に関する知識が様々な角度から問われるため、よほど漢字が得意でなければ、ある程度、試験対策を行わないと、たとえ3級であっても不合格になってしまう可能性は十分に考えられるのです。

そこで、漢検3級に挑戦しようと考えている方は、試しに右記に示した練習問題を解き、現在の自分の実力を知っておくのも良いでしょう。
3級の試験概要
試験区分 公的資格
受験資格 なし
試験地 国内・海外の主要都市
願書配布受付期間 下記、表を参照
受検票送付 検定日の約1週間前
※ 検定日3日前になっても届かない場合は、協会本部へ問い合わせること
検定料 2,500円
試験時間 1時間(13:40~14:40)
試験形式 筆記試験
出題内容 上記、出題パターンを参照
合格基準 200点満点中、70%程度(140点)の正解率
※ 検定状況により、140点以下でも合格するケースはあります
合格発表 試験日から、概ね40日後
※ 受検者全員に検定結果を郵送し、合格者には、合格証書・合格証明書を送付
合格率 47.3%(平成28年度 第3回)
主催団体 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
TEL:0120-509-315



漢検3級:試験日程と合格率の推移状況

漢検3級に限らず、漢字検定はすべての級において、年3回実施されますが、検定日程《個人受検》の詳細については、下記日程表をご覧ください。

※ 個人受検と団体受検(← 学校や企業などで志願者が一定人数以上集まると団体受検ができ、準会場として学校や会社内で受検会場が設けられる)とでは日程が異なります。
平成29年度:日程表(個人受験)
回数 検定日 書店等受付期間 願書協会必着日
第1回 6月18日(日) 3月1日(水)~ 5月15日(月) 5月18日(木)
第2回 10月15日(日) 7月1日(土)~ 9月12日(火) 9月15日(金)
第3回 翌年2月4日(日) 11月1日(水)~ 12月22日(金) 12月27日(水)
※ 念のため、受検者は各自必ず公式HP等で確認すること!

受検者の合格率状況
下記に示した推移表を見ても分かるとおり、漢検3級の合格率は高く、毎回、概ね50%前後で推移しています。

出題範囲だけでなく、3級の上位級にあたる準2級や2級に比べ、出題される問題のレベル自体も、比較的低く設定されており、ある程度、漢字の学習に勤しんでいる受検者であれば、独学でも、まず不合格になることはないはずです。
志願者数 受検者数 合格者数 合格率
2014年
[H26]
第1回 175,162 172,552 81,484 47.2% (+1.5)
第2回 233,654 228,545 105,492 46.2% (-1.0)
第3回 173,065 165,545 76,182 46.0% (-0.2)
2015年
[H27]
第1回 169,339 163,547 75,746 46.3% (+0.3)
第2回 227,405 221,475 105,182 47.5% (+1.2)
第3回 164,319 156,569 76,212 48.7% (+1.2)
2016年
[H28]
第1回 166,270 161,524 73,723 45.6% (-3.1)
第2回 214,280 207,052 97,910 47.3% (+1.7)
第3回 154,538 145,668 68,880 47.3% (±0.0)
漢検3級:合格率の推移グラフ
また、本試験における出題パターンも、毎回ほぼ決まっているので、試験対策が立てやすく、市販の漢検3級対策向けテキストや問題集を利用すれば問題なく合格を手にすることができるでしょう。
3級試験の出題形式と出題配分
出題形式 配点 合格基準
(一) 読み 30点 200点満点 140点前後
[70%程度]
(二) 同音・同訓異字 30点
(三) 漢字の識別(穴埋め) 10点
(四) 熟語の構成 20点
(五) 部首 10点
(六) 対義語・類義語 20点
(七) 漢字と送り仮名 10点
(八) 四字熟語 20点
(九) 誤字訂正 10点
(十) 書き取り 40点
ただし、計算上、漢検3級受検者の2人に1人は不合格になっている現状を踏まえると、大半の受験者が苦手としている四字熟語や類義語・対義語をいかに克服し、得点配分の高い漢字の読み書きでどれだけ高得点を挙げるかがポイントになってきます。

そこで、下記に示した練習問題を解いてみて、思っていたほど解けなかった・・・市販問題集では、いったいどんなテキストを使ったらよいのか迷ってしまうなど、独学に一抹の不安を感じている方は、試験対策に取り掛かる前に通信講座を検討してみるのも良いかもしれません。

また、専門講座の利用の有無にかかわらず、一度、案内資料(資料請求自体は無料です)を取り寄せ、いったいどのような教材やカリキュラムで試験対策を行っているのか確認し、それを踏まえた上で、自分の取り組みやすい学習スタイル(独学or講座)を決めても遅くはないでしょう。




漢検3級:過去問例

問1:読み

1.浅薄 2.憩う 3.篤実 4.斜滑降 5.促す

問2:書き取り

1.【カクチョウ】の高い絵だ
2.川の【ミナモト】を探る
3.問い詰められて【イナオ】る
4.音楽の【ツド】い
5.他人の【ソラニ】

問3:同音・同訓異字

各語群の中から当てはまる漢字を選べ。

① 写真を【ト】る
② 村が雪に【ト】ざされる
③ 指揮を【ト】

閉 / 溶 / 撮 / 捕 / 執

④ 【ヒ】近な例
⑤ 石【ヒ】を建てる
⑥ 金属【ヒ】労

被 / 卑 / 碑 / 疲 / 避

問4:四字熟語

1.【シンザン】幽谷
2.【ビジ】麗句
3.【キンカ】玉条
4.薄志【ジャッコウ】
5.日常【サハン】

問5:送り仮名

1.今日は【アタタカナ】日だ
2.人が【ムラガル】
3.【スコヤカ】に育つ

このように、漢字に関する知識が様々な形で問われるため、3級とはいえ、決して侮れない問題が出題されています。

独学では、どうしても単調な暗記中心型の勉強法になりがちなので、それでは続かないという方は、ユーキャンなどが開講している通信講座等を利用するのも一法です。

※ ユーキャンの通信講座では、単調な暗記中心型の勉強にならないよう、コラムやパズルなどを織り交ぜたテキストで受検者を飽きさせずに漢検の合格に必要な実力が身に付くような工夫がされているので、独学よりも性に合っているという方もいるかも知れません。

ただし、漢検3級で出題される問題レベルを考えると、独学で十分対処できる試験なので、費用面を重視するような方は、じっくり検討してみてください。
解答

問1:(1)せんぱく (2)(いこ)う (3)とくじつ (4)しゃかっこう (5)(うなが)す
問2:(1)格調 (2)源 (3)居直 (4)集 (5)空似
問3:(1)撮 (2)閉 (3)執 (4)卑 (5)碑 (6)疲
問4:(1)深山 (2)美辞 (3)金科 (4)弱行 (5)茶飯
問5:(1)暖かな (2)群がる (3)健やか