あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
日商簿記1級の難易度top
Top国家資格公的資格民間資格
矢印日商簿記1級:難易度の常識

矢印日商簿記1級:難易度の落とし穴
日商簿記1級と2級との間には、難易度に非常に大きな差があります。

事実、2級までは独学で順調に合格を手にしてきた者が1級試験でつまずくといったケースは少なくありません。

そこで、日商簿記1級試験の難易度が高いとされるその理由と合格するために必要な効率的な勉強法について触れておきます。



資格の大原 簿記講座講座

日商簿記1級:難易度の常識

難易度が高いと言われている理由
日商簿記1級は、下記に挙げるような理由から、独学に限界を感じている受験者も多く、資格スクールの専門講座等を利用する学習スタイルが標準的なようです。
理由①
〈 試験科目の増加 〉

日商簿記1級の試験科目は、2級の試験範囲である商業簿記・工業簿記に加え、さらに2科目(会計学・原価計算)が本格的にプラスされます。

※ 原価計算については、2級試験でも出題されますが、初歩的な問題で難易度が異なります。

そのため、当然、試験範囲も広がるため(2~3倍増)受験者の負担(学習時間など)が増するこから、いかに本試験で狙われやすい論点を重点的に効率よく勉強するかがポイントとなってくるため、2級試験とは比較にならないほど系統立てた学習プランが必要になってきます。
理由②
〈 足きり制度 〉

日商簿記1級試験では、2~4級にはなかった〝足切り〟制度が導入されているため、仮に総合得点で合格ラインの70点に達していたとしても、40%(10点未満)に満たない科目が1科目でもあると不合格にされてしまいます。

そのため、極端な苦手科目を作らないよう、バランスの良い試験対策を行わなければなりません。
受験者 商簿 工簿 会計学 原計 総得点 合否
Aさん 10 10 25 25 70 合格
Bさん 5 25 25 25 80 不合格
理由③
〈 暗記力よりも理解力を重視 〉

日商簿記1級は、計算力はもとより、論理的思考能力が試される試験でもあります。

したがって、理屈が分からなくとも「過去問」や「予想問題」を中心とした暗記力重視の勉強法さえ行っていれば合格できる2級以下の試験とは異なり、1級は、どちらかというと理解力がなければ解答できない問題が中心となってきます。

つまり、なぜ、このような仕訳になるのかといった理解力を日々の学習で養いながら、応用問題にも対応できる実力を身に付ける必要があります。
理由④
〈 工簿・原計に対する苦手意識 〉

試験科目となっている工業簿記・原価計算の2科目は、日常生活では滅多に使わない専門用語が出てきます。

そのため、とっつきにくいと感じた受験者の苦手意識から難易度が高いと感してしまっている場合も多いようです。

※ しかし、工業簿記と原価計算を得意科目にしてしまうと、商業簿記よりも、かえって得点源となりやすい試験年度も多く、事実、この2科目の得意・不得意によって本試験での総得点に大きな差が出てくるケースも少なくありません。
これについては、私自身も同意見であり、日商簿記2級までは、市販テキストや問題集を使用した独学で十分対処できると思っていますが、1級に関しては、よほど勉強時間を割ける人や簿記を得意とする人でなければ、資格スクールなどを利用して集中的に学習し、短期合格を狙うことをお勧めします。

その主な理由は、1級試験は試験範囲も広いことから、中長期的な学習期間(計画)が必要であり、試験の度に不合格を繰り返していると、どうしてもモチベーションを維持するのが難しくなってくるためです。

しかし、日商簿記1級で出題される試験内容は、確かに2級に比べて遥かに難易度がアップしていますが、税理士試験の簿記論とは異なり、一定の技術・能力レベルに達してさえいれば必ず合格することのできる検定試験です。

※ 簿記論は、事実上、相対評価(受験者の上位●●%を合格者とする制度)の競争試験であるため、一定のレベルに達していても不合格になることがあります。

したがって、そういう意味では、本試験で狙われやすい試験範囲を重点的に学習し、ポイントを押さえた対策をしっかりと行えば、必ず合格を勝ち取ることのできる試験と言えるでしょう。




日商簿記1級:難易度の落とし穴

足切り制度と難易度から見た試験攻略ポイント
税理士試験の受験資格を得るため…etc、あくまで、日商簿記1級試験の合格だけを目的としているのであれば、受験者は足切り制度に注意する必要があります。

1級は計算力のみならず、理論的思考力が試される試験でもあるため、科目によっては解答するまでに時間ばかり食ってしまい、制限時間内に解答し切れなかったという事態を招いてしまう恐れもあるのです。

したがって、本試験では見直し時間を含めた時間配分を考慮しつつ、得意科目から順に問題を解き進め点数を稼いでいかなければなりません。
試験科目の特徴
商業簿記 90分 ほぼ同じ範囲から出題 本試験では比較的時間が掛かる 本試験でのP/L、B/S作成時は、満点を狙わず解ける問題から解いていく。
会計学 ----- 商簿以上に深い理解力が必要。近年、新会計基準が狙われやすい!
工業簿記 90分 別分野と考えず1分野として捉え効率よく学習する 本試験では比較的時間が掛かる 得意・不得意かによって得点に大きな差が出てくることも多い…
原価計算 -----
※ 試験年度によっては特徴が異なるため、あくまで参考程度にとどめ、本試験では臨機応変に対応してください。


会計学や原価計算が加わることで、日商簿記1級の試験範囲は広がり、出題問題も2級とは比較にならないほど難易度が飛躍的に上がってきます。

そのため、合格をより確実なものにしたければ、できるだけ資格スクール等の専門講座の利用を検討することをお勧めします。

※ 個人的には日商簿記2級までは、市販テキストや問題集を使用した独学で十分対処できると思っていますが、1級となると話は変わってきます。

日商簿記は人気資格なので、各資格スクールも力を入れている感があり、開講しているスクールも多数存在します。

簿記といえば、資格の大原やTACあたりが実績もあり受講者も多いようですが、正直なところ、大手スクールであれば、どの簿記講座であっても、さほど違いはないので、自分がやりやすいと感じた受講形態や費用面を見比べ利用しやすいスクールを選択すれば、まず問題はないでしょう。

そこで、参考までに簿記試験対策には定評のある大手スクール(かつ、ネットで無料の資料請求が行える講座)を2つほど挙げておきます。

要は自分に合った勉強スタイルで学習することが何よりも肝心なので、利用するしないにかかわらず、一度、各講座のカリキュラムや教材内容等を、比較検討してみてはいかがでしょうか
簿記講座の特徴
資格の大原 簿記講座
会計・簿記関連の資格試験対策には、めっぽう強い実績のある大手スクールなので、使用教材・カリキュラムをしっかりとこなせば、合格するだけの実力は身に付く。

受講スタイルは大きく2つ[通学/通信]に分かれるが、さらに細かい受講スタイルが選択できるので、社会人も利用しやすい学習スタイルがとれる。

したがって、後は受講者の好みの問題となってくるので、一度、案内資料を取り寄せて、TACなどで使用する教材・カリキュラム等と比較し、自分がやりやすいと感じた講座を利用するとよい。
忙しい社会人でも、無理なく合格できるよう、学習効果や効率を最大限に考えたカリキュラムを提供するのが、資格の学校TACである。

大原と同じく、簿記試験対策にはめっぽう強いスクールなので、指導体制には定評があり、日商簿記1級試験対策に利用する受講者は多い。

後は受講者の好みの問題となってくるので、講座案内資料や公式サイト等で使用教材やカリキュラムを比較し、自分が最もやりやすいと思えた講座を利用してほしい。