あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
日商簿記検定1級top
Top国家資格公的資格民間資格

コレだけは押さえる!日商簿記検定1級試験の基礎知識

日商簿記検定1級取得の価値はあるか !?
日商簿記検定試験は、受験者の能力に応じて1~4級のランクに分かれています。

企業の経営状態や財政状況を把握するために欠かせない簿記会計の知識は、経理事務に限らず、幅広い分野で活用できるスキルなので、簿記検定の資格が景気に左右されない安定した手堅い資格であることは確かですが、日商簿記検定1級の資格取得に、どの程度の利用価値があるかは、その取得目的によって変わってきます。

というのも、日商簿記検定1級は難関試験のひとつですが、就職や転職時においては、1級試験合格者よりも実務経験者を優遇(重視)する企業が少なくないからです。

特に即戦力を必要としているような会計事務所においては、実務経験者をより重視する傾向が強いようです。

つまり、一般企業では簿記会計の知識は2級程度の能力さえ備わっていれば特に問題はなく、プラスα実務経験が重視されるということです。

※ 事実、求人広告などでは「日商簿記2級以上」を応募条件としている会社も多い。
日商簿記検定に対する企業評価
ランク 能力 企業による評価
1級 大企業経営・会計指導者クラス 評価は高いが実務経験者の方を優遇する企業も多い
2級 中小企業経営・会計主任者クラス 経理事務の基礎知識があるとして評価
3級 商店・中小企業・一般記帳係クラス ほとんど評価の対象とならない…
4級 簿記の入門知識
しかし、転職などとは異なり、新卒者などが就職活動をする際には少し話が変わってきます。

新卒者は、当然、実務経験がないので、難関試験である1級試験の合格を勝ち取ったという、その努力と将来性が企業に対して大きなアピールポイントになることもあるからです。
結論
チェック大半の企業は、日商簿記検定2級程度の能力(スキル)があれば十分!

チェック新卒者・実務能力向上のためのスキルアップとしては取得価値あり!

チェック税理士を目指す者にとっては、合格しなければならないケースもある!
※ 日商簿記1級合格が税理士試験の受験資格となっているため
試験の難易度
日商簿記検定において、最上級レベルにあたる1級は、一般的に非常に難易度の高い検定試験として認識されています。

事実、2級までは独学で順調に合格を勝ち取ってきた人でも、1級試験では何度も不合格になり、なかなか合格を手にすることが出来ない受験者も少なくありません。

これは、日商簿記検定1級の試験範囲が4科目に増え、独学では試験で狙われやすい論点を押えるのが難しいこと、また、1級試験のみ、1科目でも40%に満たない科目があると不合格になるという厳しい合格基準が設けられているため、バランスの良い試験対策を行わなければならないためです。
ランク 試験科目 試験時間 合格基準
1級 ・商業簿記
・工業簿記
・会計学
・原価計算
3時間 70点以上の得点 かつ 各科目40%以上の得点
2級 ・商業簿記
・工業簿記
2時間 70点以上の得点
3級 ・商業簿記 2時間
4級 ・商業簿記 1.5時間
特に試験科目となっている《工業簿記》や《原価計算》は、耳慣れない専門用語が飛び交うため、とっつきにくく難しい(苦手)と感じてしまう受験者は多いようです。

※ 原価計算については、日商簿記検定2級試験でも触れますが、初歩的な内容が問われるため出題問題のレベルが異なります。

とはいえ、日商簿記検定は、事実上、相対評価の簿記論(税理士試験の試験科目)とは異なり、絶対評価による試験制度です。

※ 絶対評価と相対評価の違い … 簿記検定に限らず、資格試験の合否判定は、大きく2つ〝絶対評価〟と〝相対評価〟とに分けることができます。絶対評価とは、規定の合格基準(例:100点満点中70点以上で合格)さえ満たした者は、原則、合格する制度のことで、試験問題が易しい年度に当たった受験者は合格する可能性が高くなるといった特徴が見られます。一方、相対評価とは、あらかじめ合格ラインが決まっているわけではなく「受験者の上位●●%」といったように、成績上位者から順に合格する制度なので、●●点取ったから合格できるといった保証はありません。簿記論をはじめ、税理士試験の試験科目は、事実上の相対評価試験であり、単純に合格基準を満たせば良いというものではなく、受験者同士の競争試験であるため、簿記論の本試験で問われそうな頻出論点を重点的に学習し、受験者は成績上位に入るだけの実力を身につける必要があります。

したがって、一定レベルに達していれば必ず合格することの出来る試験であることから、簿記論のように合格レベルに達していても不合格にされてしまう試験よりは合格しやすい制度なのかもしれません。
結論
チェック合格率10%前後の狭き門!

チェック工業簿記・原価計算問題に対する苦手意識から難易度が高いと感じてしまう受験者も多い!

チェック3級⇒2級に比べ、2級⇒1級の間には相当レベルの差がある!



日商簿記検定1級は独学に適した試験か !?

日商簿記検定1級を、下位ランクの2~4級受験当時の試験対策感覚でいると途中で挫折してしまう傾向があるようです。

先にも述べたとおり、3級から2級に比べ、2級から1級のレベルの間に立ちはだかる壁は遥かに高く、不得意科目をなくしながら、バランスよく学習しなければ合格を勝ち取ることはできません。

特に大勢の受験者が苦手とする科目(工業簿記・原価計算)を、いかに克服するかが合否を左右する鍵を握っています。

税理士の試験科目となっている簿記論に比べると、日商簿記検定1級に関する市販教材は充実しているので、自己管理さえ出来れば独学スタイルでも合格は狙えます。

※ ただし、予備校などが開催している模擬試験や答錬くらいは、できるだけ積極的に参加しておくとよいでしょう。

しかし、独学者の中には、不安からテキストや問題集ばかりを買い込んでしまい、手付かずの試験範囲が残った中途半端なまま、本試験を迎えてしまい、その結果、失敗してしまう受験者も多いようです。

1級試験は、商業簿記・工業簿記に加え、さらに会計学や原価計算の試験科目がプラスされるため、限られた時間の中で試験対策を行わなければならない社会人受験者等にとっては、独学よりも、専門講座やセミナーを利用したスタイルの方が効率よく学習できる(長年の経験・歳月を要して蓄積したノウハウを持っているため)試験であることは間違いありません。

会計系の資格に定評のある専門校といえば、資格の大原やTACあたりが有名ですが、大手スクールであれば、正直なところ、どの簿記講座であっても、合否を左右するほどの違いはなく、後は好みの問題となってきます。

要は自分に合った勉強スタイルで学習することが何よりも肝心なので、利用するしないにかかわらず、一度、無料のパンフレットを取り寄せるなどして、各講座のカリキュラムや教材内容、費用面等を比較検討してみることからはじめてみましょう。
簿記講座の特徴
資格の大原 簿記講座
会計・簿記関連の資格試験対策にはめっぽう強い実績のある大手スクールであり、使用教材・カリキュラムをしっかりとこなせば、十分、合格するだけの実力は身に付く。

したがって、後は受講者の好みの問題となるため、一度、案内資料を取り寄せるなどして、TACなどで使用する教材・カリキュラム等と比較してみるとよい。
忙しい社会人でも、無理なく合格できるよう、学習効果や効率を最大限に考えたカリキュラムを提供するのが、資格の学校TACである。

大原と同じく、簿記試験対策には特に強いスクールで、指導体制には定評があることから、日商簿記1級試験対策に利用する受講者は多い。

簿記検定:豆知識

ここ最近の日商簿記検定1級の試験結果は次の通りです。
受験者 合格者 合格率
2014年
(H26)
6月 8,738 847 9.7%
11月 9,931 877 8.8%
2015年
(H27)
6月 8,108 716 8.8%
11月 9,087 873 9.6%
2016年
(H28)
6月 7,792 849 10.9%
11月 8,416 783 9.3%
日商簿記1級:合格率の推移グラフ
例年、ほぼ10%前後と受験者の1割ほどの合格率で推移していますが、稀に合格率が5%を下回るようなケースもみられます。

※参考:平成18年度(11月実施)の合格率は3.5%(受験者:15,338名 / 合格者:535名)

日商簿記検定の試験難易度は、年々、難化傾向にあるようで、かつての過去問題を基にしたパターン化した学習法は、あまり効果的でないという意見も聞こえてくるため、基本事項を理解した上で、できるだけ多くの演習問題をこなす必要がありそうです。

したがって、日商簿記検定1級試験の短期合格を目指すなら、資格スクールの専門講座などを利用しながら、効率よく着実に実力を身に付けていく学習法を検討してみるのもよいかもしれません。





資格の大原 簿記講座講座