あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
ボールペン字の練習方法とコツtop
Top国家資格公的資格民間資格

独学or講座 !? ボールペン字の練習法と上達のコツ

ペン習字とは、硬筆書写の一種で、筆に墨汁を付け紙に書写する〝毛筆〟とは異なり、ボールペンや万年筆、あるいはサインペンなどを使って字体を美しく書くことを目的とした習い事(練習)です。

近年、日常生活の中で最も普及している硬筆道具はボールペンですが、このボールペンをメインにしたペン習字のことを、一般的にボールペン字(ペン習字)と呼んでいるようです。

ボールペン字の練習は手頃とあってか、手書き文字を書く機会の多い社会人女性や主婦が、癖字をなくし、少しでもきれいな字体に近づけようと、習い始める(特に年初め)方が多いようです。
独学か、それとも通信講座か !?
先にも説明したとおり、ボールペン字とは、人それぞれが、少なからずもっている独特の癖を矯正し、見やすくバランスの取れた綺麗な字体にすることを目的とした習い事です。

ボールペン字の練習方法には、大きく《独学》と《通信講座》の2通りに分かれますが、費用も手頃なことから、ユーキャンのような通信講座を利用する受講者も増えているようなので、自分のやりやすいスタイルで練習を始めれば特に問題はないでしょう。
独学・通信講座のメリット&デメリット
独学 通信講座
メリット ボールペン字講座費用がかからない! 個別添削指導があると、効率よくバランスの良い字体が練習できる!
デメリット 体系立てた練習がしづらいため、何から手を付けたらよいのかが分からない… ボールペン字講座費用がかかる…



知ってるようで意外と知らない?ボールペン字講座の選び方

パソコンの普及によって、ビジネスはもとより、日常生活においても手書き文字の機会は減っています。

しかし、手書きがまったく不要になったわけではありません。

就職や転職時に会社や企業へ提出する履歴書は、通常、手書きで作成することになるため、癖のある字体に不満を持っている社会人も多いようです。

また、パソコンとは異なり、どこか温かみの感じられる手書き文は、特に年配者の方に好まれます。

そのため、年賀状や暑中見舞いくらいは手書きにしたいと、ボールペン字に関心をもつ人も増えているようですが、一度、染み付いてしまった癖字は早々直るものではありません。

そのため、ユーキャンやがくぶんが開講している通信制のボールペン字講座などを活用した練習法が、近年は人気を集めています。

ただし、講座申込を考えている人は「こんなはずじゃなかった…」と、後になって後悔しないためにも、事前に利用するしないにかかわらず、まずは案内資料を取り寄せるなどして、使用教材などを比較検討しながら受講申し込み手続きに入った方が賢明かもしれません。

参考までに、定評のあるボールペン字講座を2つほど紹介しておくので、興味のある方は、一度、案内資料を取り寄せてみてはいかがでしょうか。
ペン字講座の特徴
ペン習字には一定の実績と定評のある日本ペン習字研究会が実施する『ボールペン習字講座』がこのがくぶんのボールペン字講座である。

「下の点を大きめに」「よこ画は一本だけ長く」など、一文字一文字丁寧なアドバイスを添えるなどの工夫が施されているため、受講者側にも分かりやすく、効率よく練習することができる。

ちなみに、がくぶんのペン習字講座は、文部科学省後援の公的資格「硬筆書写検定」に対応したテキストなので、通信制のボールペン字講座の利用を検討しているのであれば、一度、案内資料を取り寄せるなどして、講座で使用する教材等をチェックし、自分にとって使いやすい(やりやすい)かどうかの確認をしてみることをおススメする。
ユーキャン講座の中でも、毎年、人気の高い講座がこのボールペン字講座である。

ユーキャン講座では、自分のライフスタイルや目標に合わせた練習コースが選択できるため、その点が他のボールペン字講座に比べ、利用者受けが良いように思われる。

独習では不可能な添削指導によるレッスンは、第三者の視点から、あなたの手書き文字を客観的に見てもらえるため、この点は講座ならではの利点といえよう。

また、最長18ヵ月まで無料で指導を延長して受けられる制度はありがたい。

ボールペン字:豆知識

豆知識1硬筆書写検定とは…?


意外と知られていませんが、文部科学省認定の公的資格が硬筆書写検定です。

受験資格は特になく、年3回(6月/11月/1月)実施され、硬筆書写に関する知識・技能に応じ、1~5級に分かれているため、自分のレベルに合わせた検定試験を受けることができます。

※補足:平成18年4月1日、準1級・5級が新設されたことによって、硬筆書写検定は全6階級

なお、各級ともに試験は「実技」と「理論」について問われます。

日本書写技能検定協会発行の『硬筆書写検定の手びきと問題集』などを参考に独学で合格することも十分可能ですが、上位級(1級)になると高度な知識・技術が要求されるため、検定試験に対応したボールペン字講座(通信)等を利用する人も多いようです。
年間合格率[H26年度]
等級 申込者数 合格者数 合格率
1級 954 100 10.5%
準1級 742 145 19.5%
2級 10,639 5,125 48.2%
3級 40,253 25,348 63.0%
4級 13,601 12,364 90.9%
5級 5,706 5,491 96.2%
硬筆書写検定:試験結果グラフ


豆知識1ペン字講座チェック事項


通信制のボールペン字講座の利用を検討している方は、特に下記に関する事項などに注意を払いながら比較してみて下さい。
チェック どんな教材を使うのか?
チェック 講座費用はいくら?
チェック 個別の添削指導はあるか?
チェック 実用的なレッスン内容か?
また、ボールペン字の練習を途中で投げ出さないためにも、硬筆書写検定に対応している教材であるかどうかといった点を選択基準のひとつに挙げてもよいでしょう。

というのも、たた闇雲に練習するより練習目的を明確にしておくことで、やりがいが生まれるからです。