あなたの取得したい資格を徹底解析&分析する!資格試験対策の総合専門情報サイト
AFPとはtop
Top国家資格公的資格民間資格

AFPとFP技能検定の違い

AFPとは〝アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー〟の頭文字を取った略称であり、国家資格として位置づけられているFP技能検定とは異なる民間資格です。

しかし、業界内では「FPと言えばAFP」と言われるように、FP技能検定(FP技能士)よりも、日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会独自の国内ライセンスであるAFPの方が、認知度の高い一般的な資格であるとされてきました。

両者が混同されやすい理由は、日本FP協会がAFP資格の認定&試験を実施している組織であり、かつ、FP技能検定の主催団体でもあるという点です。

※ FP技能検定は〝金融財政事情研究会〟と〝日本FP協会〟の2団体が試験実施機関として国から指定を受けています。

また、FP技能検定の受検資格が、FP技能検定3級合格者の他、AFP認定研修修了者にも与えられているため、国家資格(FP技能検定)と民間資格(AFP資格)が密接に絡み合い、他の資格には見られないほど、非常に複雑な仕組みを形成していることが、両者を混同してしまっている一要因として考えられるようです。




AFPになるには…

AFPの資格認定を受けるには、次の3条件を満たさなければなりません。
AFP資格の認定条件
チェックFP技能検定2級合格者(学科・実技)
チェック日本FP協会認定の教育機関が実施するAFP認定研修の修了者
チェック日本FP協会への登録と入会
なお、認定を受けるためのルートは1つではなく、大きく2パターンに分かれるので、下記図で確認しておくとよいでしょう。
日本FP協会認定AFP認定研修を受講
矢印
FP技能検定2級試験に合格
矢印
日本FP協会に登録・入会
FP技能検定2級試験に合格
矢印
日本FP協会認定AFP認定研修を受講
矢印
日本FP協会に登録・入会
矢印 矢印
AFPの資格取得



AFP資格認定会員のメリット・デメリット

AFPの資格認定会員になるかどうかは、FPの資格をどう活かすかによって変わってきます。

会費や更新講習を考慮すると、単にFP知識の習得や趣味目的の学生や主婦などが、AFP資格の取得を目指すメリットはほとんどありません。

※補足:FP技能検定2級に一度合格した者は生涯FP技能士を名乗ることが出来ます(AFPは、上記に示した一定条件を満たさなければ名乗れません)。
メリット デメリット
チェック様々な人脈を築ける
チェック業界内での認知度は高く、独立・開業者にとって信頼性と評価が高まる
チェック上級資格にあたるCFPの受験資格
チェック維持費がかかる
・入会金:10,000円
・年会費:12,000円

チェック更新講習(2年毎)を受講しなければならない
いずれにせよ、業界内では、FP技能士2級以上の資格が有効であるとされています。

※ FP技能士3級は、あくまで2級試験を受験するためのパスポート的な役割でしかなく、仕事上、それ以外に利用価値(就職や転職の際に有利に働くことはほとんどない)はほとんどありません。

FP技能士2級は、独学でも合格を狙える国家試験ですが、スピードと正確さが重視される検定試験です。

比較的、出題範囲(6分野)の広い国家試験であるため、市販のテキストでは「理解しにくい…」「試験で狙われやすいポイントが分からない…」という不安を抱いている人は、利用するしないにかかわらず、疑問点などが試験を熟知した専門講師に聞ける資格スクールなどを、一度、検討してみるのも一法です。

参考までに、ファイナンシャルプランナー試験対策に定評のある大手スクール講座(資料請求は無料)を3つほど紹介しておきます。

ファイナンシャルプランナーの資格試験は年に3回ほど実施されているので焦ることはありません。

学習スタイルや講座選びは慎重に行い、自分に合った試験対策法で本試験に臨んでください。
FP講座の特徴
資格の大原 公認会計士講座
ユーキャン講座の中でも常に上位にランクインしていることから、利用者の多いことが伺える。特に初学者を意識した教材作りに徹しているので、その解りやすさが受講者から一定の評価を得ているものと思われる。実技試験対策用の「攻略ブック」をはじめ、どんな独自テキストを使って本試験対策を行っていくのか?カリキュラムはどうか?…など、通信講座ならではの添削指導やサポート体制などについても案内資料でしっかりと確認しておきたい。また、教育訓練給付制度対象講座なので、該当者にとっては受講料が安く済む点も有難い。 TACや大原のような大手スクールは、専門講師による講義が中心となるため、好みは分かれるが、この学習スタイルがユーキャンよりも解りやすいと感じる受講者も多い。費用面についてはやや割高感はあるものの、TACのFP講座は講師陣が充実しているので、受講者は用意された教材やカリキュラムに沿った学習に専念することができる点は評価したい。最終的には、好みの問題となるため、使用教材やカリキュラム、サポート体制等を案内資料で検討し、大原などと、その違いを比較してみてほしい。 本試験前には、出題頻度の高い重要項目を簡潔にまとめた総まとめテキストを使用するなど、合格に向けた抜かりのない充実したカリキュラム構成は、まさに大手スクールならでは。通信講座に関しては、DVDやCD、Webといった複数の受講スタイルから選べる点が有難い。しかし、カリキュラム構成や教材の使用感には個人差があるので、スクール利用を考えている者は、一度、案内資料で、教材の詳細やカリキュラムをチェックし、大原などの他スクールと比較してみるのもよい。

豆知識AFP認定研修とは?


AFP認定研修とは、日本FP協会が定めるFPプログラムに則り、FPの基礎から金融、保険、不動産などの知識、その応用実践技術である提案書の作成までを習得するための研修制度です。
必修科目:8科目(68単位以上)
1.FP基礎
2.金融資産運用設計
3.不動産運用設計
4.ライフプランニング・リタイアメントプランニング
5.リスクと保険
6.タックスプランニング
7.相続・事業承継設計
8.提案書の作成
なお、AFP資格認定会員になるには、この研修の受講・修了が条件のひとつとなっていますが、AFP認定研修を実施している主な教育機関は次のとおりです(最新情報を必ずチェックしてください)。
主な教育機関
・㈱ECC
・㈱近代セールス
・㈱東京リーガルマインド
・㈱東京ファイナンシャルプランナーズ
・FPK研修センター㈱
・㈱みずほ証券リサーチ&コンサルティング
豆知識資格スクールの選択ポイント


FP試験の勉強で身に付けた知識は、実社会でも広く応用することができるからか、比較的人気も高く、資格スクールも、力を入れている節があります。

正直なところ、大手スクールであれば、どれも合格するだけの実力が身に付く教材・カリキュラムが組んであるため、合格の有無については、どの講座も大差ないと言ってよいでしょう。

したがって、FP講座を利用する上で問題となってくるのは、自分のライフスタイルや学習スタイルに適した講座(通信・通学など)をいかに選択するかです。

そこで、利用する講座を選択する際に、チェックすべき主な事項を何点か挙げておくので、複数の資格スクール講座の案内資料に目を通す際は参考にしてみてください。
チェック 受講料は?
チェック カリキュラムや教材内容は…?
チェック アフターフォローは?
チェック 講師陣は?
チェック 体験入学の有無
チェック 受講生の合格率は?
チェック 自分に無理のない学習スタイル(選択コース)はあるか?



FP入門講座開講